女性の育毛 » 女性の薄毛の要因 » 間違った頭皮ケアが薄毛の要因に

間違った頭皮ケアが薄毛の要因に

薄毛で悩んでいる女性の中には「フケや髪の毛の臭いが気になる」と言う理由から、朝シャンや夜間のシャンプー等頻回に洗髪をされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実はこのシャンプーの回数の多さはNGです。

市販のシャンプーで髪の毛を洗いすぎてしまうと頭皮の潤いを守るのに必要な水分や皮脂を取り去ってしまいます。
そのため皮脂の分泌過剰を引き起こし、酸化した臭いが強まってしまうのです。

乾燥肌が強まればフケも多くなってしまいます。
シャンプーに含まれた合成界面活性剤や添加物の多用で頭皮に刺激を与えてしまう、シリコンなどの成分が頭皮にとどまり毛穴をつまらせてしまうなどの理由でも薄毛は間違いなく発生してしまいます。

髪の毛の臭いは普段の食べ物を変えるだけである程度避ける事が出来ます。

シャンプーも夜に一度だけにする、アミノ酸系シャンプーへ変える、ゴシゴシ洗い過ぎないと言うルールを守りましょう。

また、乾燥が目立つ方は、頭皮に潤いを残すため、頭皮用ローションをなじませてあげると良いですね。
血行促進作用がある成分が含まれているものが多いので、頭皮ケアのために軽くマッサージをするようになじませることで太くてしっかりした毛が生えやすくなり、抜け毛も緩和できますよ。

また洗髪後は、自然乾燥は避け、ドライヤーで手早く乾かし、髪の毛がほぼ乾いてきたら温風から冷風に切り替えましょう。
コテなどで巻き髪・ブローをする際には頭皮がやけどをしないよう気をつけ、お手入れ完了後は再びローションをなじませて水分補給のトリートメントをしましょう。

また、睡眠時間を十分に確保することだけでもかなり薄毛改善につながっていきます。