女性の育毛 » 女性の薄毛の要因 » 産後に薄毛になる原因

産後に薄毛になる原因は?

新米ママ向けの掲示板や育児系サイトなどで時折見受けられる「予防してたけど産後に抜け毛がひどくなった、抜け毛や薄毛になってしまった」という書き込み。

経産婦であれば、誰もが体験されたことではないでしょうか。

妊娠〜出産〜産後の女性は女性ホルモンの分泌量が劇的に変化する時期です。
それに身体が対応出来ずにつわりなどの症状がおこります。

産後数ヶ月経過すると、授乳中でもホルモン分泌量が妊娠前の状態に戻っていきますので、それまでホルモンの変化で退行期へ移行することがなかった髪の毛が一挙に抜け落ちるのです。

妊娠期10ヶ月分の退行期へ移らねばならない髪の毛が一気に抜けるので、びっくりされる方も多いのですが、休止期を経て再び髪の毛が生えてきますので神経質になる必要はありません。

しかし、気をつけなければいけないのが、出産後の一時的な抜け毛の後、休止期の期間が長引いてしまったり、成長期の期間が短く抜け毛が長期化してしまう、生えたばかりの髪の毛がまた抜けてしまうなど、毛髪のサイクルが不安定化してしまうことです。

子育て中の女性は時間に追われてなかなか自分のヘアケアにまで時間を掛けることができない時期ですね。
お家で簡単に出来る家庭用の頭皮クレンジング用シャンプーを導入したり、育毛剤などを使って薄毛や抜け毛を緩和する予防的な頭皮ケアをしてあげることをおすすめします。

育児ストレスを溜めないこと、たまには美味しいものを食べたりなど、自分へのご褒美と気分転換を図ってストレス解消するだけでも抜け毛や薄毛の進行を食い止め、改善することができます。